山科「陵ケ岡・鏡山」地域
 2000年の歩み

鏡山次郎 作


遍昭が開祖とされる北花山河原町にある「元慶寺」


序 章 陵ケ岡・鏡山 花山中学校区の2000年史−−はじめに−− 人は誰もこの世に生まれて、自分の故郷(ふるさと)に思いをいたさない者はいない。・・・・
第1章 厨子奥(1) 「厨子奥」地名の由来と古代街道の探索 「厨子奥」という地名は、どんなところから名付けられたのだろうか・・・・
第2章 花山 山科「花山」地域、2000年の歩み 花山(かざん)は、北花山・上花山に分かれ、山科盆地(京都市山科区)の最西部北方に位置し・・・
第3章 御陵 山科「御陵」地域、2000年の歩み 山科区御陵(みささぎ)地域は、日ノ岡・北花山・厨子奥地域と共に山科盆地の北西に位置し、・・・・
第4章 厨子奥(2) 山科「厨子奥」地域、2000年の歩み 「厨子奥」の名前については、昔の記録(「山科家礼記」)には「つし」「ヅシノ奥」などの表記もある。・・・・
第5章 西野 山科「西野」地域、2000年の歩み 「西野」は、山科のほぼ中央部に位置し、東野と並んで山科では最も古くから栄えた地域である。・・・・
第6章 日ノ岡 山科「日ノ岡」地域、2000年の歩み 山科「日ノ岡」地域は、山科盆地の北西に位置し、東は御陵、南は北花山、西は厨子奥(飛び地)と東山区の粟田、北は左京区の大文字山に接している。・・・
最終章 山科 山科2000年の歩みと陵ケ岡・鏡山地域の役割 山科の歴史については、すでにさまざまな本が出版されている。ここでは、そうした先人たちの業績に導かれながら、・・・・
付録 明日を考える 山科と陵ケ岡・鏡山地域の明日を考える 「温故知新」という言葉がある。山科とその歴史とただ「郷愁」の対象としてだけ見ていて良いのだろうかという疑問がある。・・・

『京都 山科 「陵ヶ岡・鏡山」二千年の歩み』として発刊されました。


☆新刊紹介
京都 山科
『陵ヶ岡・鏡山』二千年の歩み


発行所 つむぎ出版  価格 2000円(1905円+税)
鏡山次郎著  A5版 400ページ
2007年5月20日 初 版発行
2007年9月20日 第二版発行


はじめに
目次
第一章 花山中学校区の二千年史
第二章 山科「花山」地域 二千年の歩み
第三章 「山科七郷」と正長・嘉吉の土一揆
第四章 山科「御陵」地域 二千年の歩み
第五章 山科「厨子奥」地域 二千年の歩み
第六章 幕末の山科史 比留田権藤太と幻の「東山科村」
第七章 山科「日ノ岡」地域 二千年の歩み
第八章 山科「西野」地域 二千年の歩み
第九章 鐘紡山科工場 女工たちの大ストライキ
第十章 山科二千年と「陵ヶ岡・鏡山」地域
あとがき
新刊書に記載されている内容は、ホームページで掲載している内容をさらに加筆・修正し、更新したものとなっています。
2007年6月26日(火)京都新聞の「市民版ワイド」で「『陵ヶ岡・鏡山』二千年」が大きく紹介されています。