鏡山次郎HP 

ふるさとの会とは・・・・

(正式名称 ふるさとの良さを活かしたまちづくりを進める会)




第8回山科お地蔵さん巡り 大塚南部コース(皇塚御旅所にて・2014/2/22)


 このページでは、ふるさとの会(正式名称:ふるさとの良さを活かしたまちづくりを進める会)の紹介しています。



 「ふるさとの会」は正式名称を「ふるさとの良さを活かしたまちづくりを進める会」といい、私たちの住んでいる地域である京都市山科区の自然・歴史・伝統・文化をより深く知る中から、地域への愛着をはぐくみ、まちづくりに活かそうとしている区民の自主的なボランティア団体です。

  活動の中心は、

@「ふるさと講演会」

 地元の神社の神主さんや、お寺のご住職、郷土史家など地域の歴史をよく知る方のお話を聞きながら、地元山科についての理解を深めています。

A「ふるさと歴史ウォーク」

 山科の古街道や学区・地域を歩き、地域の歴史や名所・旧跡を知りながら、地元山科についての理解を深めています。

B「ふるさとパネル展示会」

 会員が調べた内容を東部文化会館や、学区の「夏まつり」など、地域のイベントなどで展示して、広く区民のみなさんに、山科を良く知っていただく取り組みをしています。

C本やパンフレットの発行

 ふるさとの会が調査した地元の自然・歴史・伝統・文化に関する本やパンフレットを発行して、山科を良く知っていただく取り組みをしています。

D他団体との協力
・区役所「山科“きずな”支援事業(H24〜26)」に取り組んでいます。
・区役所の「山科区民魅力探訪」や「感動ツーリズム事業」に協力しています。
・山科商店会イベントにブースを出しています。
・「ふれあい山科区民まつり」「鏡山こどもまつり」「陵ヶ岡夏まつり」「勧修夏まつり」などでパネル展示をしています。

 
 そのほか、10つの部会があり、会員の興味関心に合わせて取り組んでいます。

 山科全域から会の活動に参加があり、平成27年(2015)4月30日現在会員数は265名です。

 
 入会金は無し、年会費1000円で、どなたでも会員になれます。興味、関心のある方はぜひ「ふるさとの会」にご入会いただき、いっしょに「ふるさと山科」を良く知り、楽しみながら山科のまちづくりに関わっていただければと思います。

ふるさとの会の各部会の紹介
 
第1部会 地蔵調査部会の活動


 山科区内のお地蔵さんや地蔵盆を調査し「山科お地蔵さん巡り」パンフの作成や「山科お地蔵さん巡り」(全20回)を案内しました。また平成27年(2015)2月には、それまでの取り組みをまとめて『京 山科のお地蔵さん−山科の地蔵・地蔵盆調査報告書−』(A5判 320ページ)を発行しました。
 
 
第2部会 古文書学習部会


 地元山科の古文書を発掘し古文書を読み合う中から、山科の歴史をひもときます。現在行っているのは、西野村「五人組帳」(比留田家文書)の読み下しです。
 
 
第3部会 山歩き部会


 山科周辺の山を歩くと共に、旧跡などを探訪します。山歩きの好きな方に最適です。
 
 
第4部会 自然観察部会


 野鳥や植物の観賞会等、幅広い活動があります。山科の自然を満喫しましょう。
 
 
第5部会 文化・上映部会


 地域に眠る山科の映像を発掘して上映会をします。そのほかに、昔の名映画も鑑賞します。上映会のあとは、リフレッシュ体操で、体もほぐれます。
 
 
第6部会 まちづくり部会

 これからの山科のまちづくりのために、基礎となるデータ調査をしています。
 
 
第7部会 パソコン・メディア部会


 会員のパソコン技術向上やブログ開設のお手伝いをします。また、情報社会への対応などの講演も開催します。毎月1回のパソコン教室を開催しています。

 
第8部会 石造物調査部会


 山科にある各種の石造物の存在の形状、その由緒などを調べています。毎月1回のフィールドワークがあります。

 
第9部会 学校ボランティアグループ


 音羽小学校学校運営協議会に協力をして、@音羽小ふるさとルームの整備充実、A音羽小「ふるさとクラブ」支援、Bミニ講演会の開催、などに取り組んでいます。

 
第10部会 「山科歴史街道・史跡巡り」部会


 平成27年度(2015)から新発足した部会です。山科の歴史街道や史跡を調査すると共に、区民参加の「山科歴史街道・史跡巡り」(3年間、全18回)を実施し、案内活動をします。

 
      鏡山次郎HP 

*本サイト掲載の記事、写真等の無断転用をお断りします。(ふるさとの良さを活かしたまちづくりを進める会)